スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

お取り寄せ

滋賀県のその道の人には有名なパン屋さんからお取り寄せ。

サラダパン

サラダパンTシャツ。

サラダパンとはたくあんのマヨネーズ和えが挟まっているコッペパンらしい。
ガラスの引き戸をカラカラと開けると、ガラスのショーケースに何の装飾もなく、もっさり陳列されているサラダパンが目に浮かびます。

が、パン屋さんのお取り寄せにも関わらず、パンは買わずにTシャツを買う。

そしてもうひとつはひっそりとコレ。

speedplay

SPEEDPLAYぃぃぃぃぃ!!!ZEROぉぉぉぉ!!!!

買っちゃった。

使った感じは、イイ!とてもイイ!

シマノのSPD-SLだと、構造上どうしても一回すくい上げて、パチンとはめる動作が必須ですが、SPEEDPLAYは、普通にポコっと足を置くと、クリートの穴ぼこに既にペダルがはまってるので、後はちょっと力を入れればパチンとはまります。

外すのもSPD-SLと比べると非常にスムーズ。外すゾ!っと気合を入れなくても、クリっと足首を捻れば外れます。

左右の可動角調整も非常に簡単だし、何より可動のスムーズ感が違います。
例の○ンゾ早川氏は「赤クリートでガッチリ固定しないと駄目」みたいなこと言ってますが、そんなにガッチリ固定したら膝痛くなるわ!とこのペダルを使ってみると思う次第であります。

良いことだらけのSPEEDPLAYですが、靴にペダルがくっ付いてるのと変わらないので、歩くのはとても苦手w
自転車降りて歩く時はロボットになります。これはしょうがないですね。

ビンディングペダルの導入検討の方はぜひどうぞ。
スポンサーサイト
自転車 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2009/09/30 23:11

夏山登山

今週は楽しい夏休み。

と言っても特に予定は入れなかったので、お犬様孝行ということで相模湖ピクニックランドへ出かけることにしました。

もちろん僕は自転車で行きますよ。

前回宮が瀬ダムに行った時は、まだ乗り始めだったし、もうだいぶ足もできてきたし、色々パーツを付け替えてツールの性能もアップしてるし、楽勝だろうと思っていましたが、いやいや、まぁまぁ、久々に

死ぬかと思いました

半原の坂道のあたりまでは、前回経験してたので、それなりに気持ちが持ったんですが、その後の登りがまぁ長いこと長いこと・・・

途中の橋の上で休憩して、綺麗な景色をカメラにパチリ

お山

ピクニックランドは車で何回も行ってるんですが、正直車の時はどこにどれだけ坂があるかなんて気にして走ってないので、この先にもう何回か坂が待っているとは覚えてませんでした。

周りの景色を見る余裕など何もなく、コンパクトクランクのギアはあっという間に売り切れになり、足も売り切れ・・・・

ランス様ゴメンナサイ!!と足をつくこと数回を経て、ピクニックランド直前に後発のつゆ&まめきな号に追い抜かれながらも何とか到着!

当初の予定では、合流したつゆに、ピクニックランドのゲート前で自転車とさわやかに微笑む僕の写真でも撮ってもらおうと思ってたのですが、カメラを出すことすら忘れてました。

ま、42歳にしては結構やるもんだと自画自賛しつつ、あと10kg体重落とせばもっと楽に上がれるのになぁ・・・と思いつつビールを飲むお誕生日なのでした。
自転車 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2009/08/20 21:21

FULL SPEED AHEAD

私の自転車「愛妻号MarkⅡ」は日々進化しているのです。

こないだ、リアディレイラーとフロントディレイラーをデュラエースに変更、STIレバーをアルテSLに替えた結果、買った時についてたパーツは、ステムとシートポストだけと相成りました。

RD7800

おまけにリアディレイラーのプーリー(上の画像の赤い歯車みたいなやつのこと)はFSAのセラミックベアリングのやつに替えたりして、すっかりミーハー路線まっしぐらです。

このFSAっていう会社、意味は「FULL SPEED AHEAD」っていう意味で、日本語訳すると「ぶっ飛ばせ!」とか「かっ飛ばせ!」とか言うことになりましょうか、外国らしくてステキな社名です。

と、こんな金にあかせた改造チャリで今週末も135号を流していたわけです。

休憩地点の鶴岡八幡宮で大豆バーで補給をし、さて帰るかということになり、135号まで出る道をタラタラしたスピードで下っていた時のことでございます。

INをついて私をあっという間に抜きさるチャリが1台!

俺様と愛妻号に対する挑戦か!と思ったら、ママチャリに乗った女子高生でした。

女子高生は抜き去りざま「そんな格好つけたチャリにまたがって早そうに見せてるけどアタシに勝てるの!!」とばかりに視線を送りつけ、見事な立ち漕ぎで加速すると猛然と去って行きました。

まさにFULL SPEED AHEAD!

若いってイイナァ!

また、来週も頑張ろう!
自転車 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2009/06/29 23:42

朝練とカサブタ

最近の休日は、早起きして湘南方面へ朝練へ行くのが楽しみになってます。

今日も4時半過ぎに起きて、5時ちょっと過ぎに家を出ます。
爺ィだから用もないのに朝早く目が覚めちゃって、仕方が無いから自転車に乗ってるわけではなく、朝早い方が車も少ないし、気温も高くないからやってるんですからね、念のため。

で、先週に引き続き、藤沢方面を目指します。

湾岸道路に出る前に江ノ電に遭遇。
江ノ電

湾岸に出たら左に曲がって、鎌倉を目指します。

7時前なんだけど、海岸はサーファーでいっぱい。
サーフィンも楽しそうだよね。

で、家を出てから1時間半ほどで八幡様へ到着。
八幡様

八幡様の入り口の太鼓橋のところでバナナ味大豆バーで補給食。
太鼓橋

観光に来たわけじゃないので、15分くらい休憩して、さて出発しますよ。

同じ朝錬の人々も結構沢山いて、ちょっとでも観光気分でのんびり走ってるとガンガン抜かれるので、気合を入れて走りますよ。

途中、クロスバイクののんびり派の方々をゴボウ抜きにしてイイ気分になったり、ばっちりウェアを決めて、のんびり走っているご夫婦を光速で抜き去ってイイ気分になったりして、全体的にイイ気分で湾岸を流していたのです。

そして、コケました。
カサブタ

ちょっとした段差を越えようとして、前輪はピヨっと持ち上げて乗っけたんですが、後輪が乗り越えられずにズルっと行って、自転車購入以来の初ゴケw

スピードは全然出てなかったので、車体はバーテープが剥けて、レバーとクランクにちょっとスリ傷がついたくらいで何でもなかったんですが、膝擦りむいて血が出たのなんて10何年ぶり・・・

これからこれがカサブタになるので剥きたい人がいたら剥かせてあげてもいいですよ。

ということで本日の朝錬、走行距離62Km、走行時間2:40でした。
電車とか車で行く場所に自力で行けることにちょっと喜びを感じつつ、来週も頑張るぞ!
自転車 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2009/06/13 18:39

改造の道 その3

さて、ブレーキ交換です。
フロントもリアも基本的には同じです。今回はリアの交換をやっちゃいます。

これを取り外して、DURA-ACEに取り替えますよ。キャリパーブレーキってやつですね。
ブレーキ交換1

なお、交換方法を詳しく紹介しますが、ブレーキは保安部品ですので、本来はお店の整備士さんが責任を持って取り替えた方がベストだと思います。
僕の場合は、ある意味これがやりたかったので、お店にやらせるつもりは最初からありませんでしたw
でも、一応ネットの整備動画を見たり、HPを見たり、本を読み漁ったり勉強はしましたので、取り付け方は間違ってないとは思います。

まずはブレーキの裏側のボルトをアーレンキーで緩めて取り外します。
ブレーキ交換2


取れました。
ブレーキ交換3

次に新しいブレーキを外した穴に入れて、大まかにボルトを締め込みます。
この段階ではきつく閉めこまないようにしましょう。

で、ブレーキシューとシートステイのクリアランスを確認します。
ブレーキ交換4

ブレーキシューの端っことシートステイがぶつかっちゃったらダメですね。
ぶつかっちゃうようだったら、間にワッシャーをかませてクリアランスを調整しましょう。
ブレーキ交換5

今回はクリアランスはばっちりだったので、ワッシャーは必要ありませんでした。

次はさっき緩めに締めておいた後ろのボルトを本締めします。あ、ボルトにはグリス塗っといた方がいいですね。
ボルトを締め込む時はブレーキアーチを手で抑えて、リムに押し付けて左右がズレないように固定するようにして締め込みます。
ちなみにこの段階で左右のブレーキシューとリムのクリアランスはあまり神経質にならなくて大丈夫です。後で調整できるので大体真ん中ならOKです。
ブレーキ交換6

本締めが終わったら、ワイヤーの端っこにエンドキャップを付けますよ。キャップはニッパーみたいなのでつぶして外れないようにしておきましょう。
ブレーキ交換7

実は順序が逆なんですが、本当はエンドキャップをつける前に、ブレーキワイヤーの固定ボルトに通して仮留めしたあとキャップを付けるんですが、諸般の事情によりこの順序です。

で、ワイヤーを固定ボルトに通したら、ブレーキアーチを手でリムに押し付けます。
ワイヤーがたるんでいないかどうか確認したらワイヤー固定ボルトを本締めします。この時ワイヤーがたるんでたりしてないかの確認だけでOKで、プライヤーで引っ張ってキチキチの状態でワイヤー固定ボルトを本締めしたりしないように注意してください。

さて、これで取り付けそのものは終了です。
しかし、この状態ではたぶん、左右のブレーキシューとリムとのクリアランスが違っていたり、ブレーキの遊び量が適切でないと思います。
その辺りを調整すれば完了になりますが、まずは一番基本的なところで、ブレーキシューの位置調整を行います。
まずは、ブレーキ開放レバーを閉めておきます。次にブレーキシューを固定しているボルトを緩めて、ブレーキシューの上の端っこが、リムの上の端っこからすこーし下(ものの本には1mmとか書いてありますが、別に計らなくても大丈夫w)になるように上下位置を調整して、ブレーキレバーを握ってシューが動かないようにしてからボルトを本締めします。
左右同様に位置決めを行いましょう。

上下位置が決まったら、自転車の後ろに廻ってホイールを回してみます。
左右のブレーキシューとリムのクリアランスが違っていないでしょうか?右が広くて左が狭いとかそういう感じです。
この左右の調整はこのボルトを回して調整します。
ブレーキ交換8

ちょっと回せばブレーキアーチはきちんと左右に動きますので、左右のクリアランスが同じになるように調整しましょう。
ホイールを回しながら行うとわかりやすいです。

最後はブレーキの遊び量の調整です。
このボルトを回すと、ブレーキシューとリムのクリアランス量が変わります。
ブレーキ交換9

クリアランスが狭いとブレーキレバーを引き始めてからブレーキがかかるまでが短くなります。クリアランスが広いとその逆。
人によって好みがあるかと思いますので、どれが正解とは言えませんが、適度な遊びは必須だと思いますので、あまりクリアランスを狭くしない方が良いかと思います。
ブレーキをちょとでも握ると最大の効果でブレーキが効いたら危ないですね。

以上でブレーキ交換は終了になります。
そんなに難しいものじゃありませんが、ショップの定期点検で「何ですかコレ!?自分で付けちゃダメですよ!これだから素人はいやなんだ!」とか怒られないか不安ですw

次回はビンディングペダルを付けようと思います。
自転車 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2008/12/13 00:37
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。